お疲れ様

じてんしゃのそばで

台湾KOM

とてもとても、

いい気持ちを味わせてくれたレースでした。


今年は、強い選手がいて

(本当は、私がただ単に弱いだけですが。笑)



オフシーズン前に、いいタイミングで、

いい刺激をもらいました。

ゴール前の写真。



台湾KOM

標高0mから3200mまでを駆け上がる

105kの旅。



GOKISO ホイールのサポートと

SUNVOLTさんのサポートで

KIZUNA CYCLING TEAMで走ってきました。

軽く写真と共に書きます。



いつもレースとトレーニングを

一人でやっているので、

今回のこの人数とメンバーの方々と

過ごせた時間は、とても新鮮で貴重でした。

たのしかった✨🤗




このレースに向けてトレーニングを

してきましたが

レースの2週間前に、体調(内臓)を崩し、

乗ることができずに休んでいました。


その前までに

しっかりとトレーニングができていたので、

大丈夫かな!と思っていましたが
レースはそんなに甘くありません。。



1月にシーズンインをして

10月のこの時期まで体調を維持することが

私の今の体力、フィジカルでは

難しかったです。


(1位のルーシーは、オーストラリアで

同じくシーズンインしていますし、

ワールドツアーで相当ハードなレースを
重ねて、今回も走っています)



9月までは、

回復力があるのを感じていましたが、

10月に入ってからは、

食べれなくなるほど、体力が落ちていました。


この感覚にもびっくり。






なんとかこのレースまで持たせたくて

元気にスタートラインに立つために

毎日、

お灸とオルバス、
貧血っぽい症状もあったので、

3日間だけマスチゲンを飲んで、

出発しました。

台湾空港で皆さんと合流するまで

お茶したり、寝たり、散歩したり。

皆さんと合流して、レース会場へドライブ。

受付をして、明日の準備です。

朝6時スタートです。

一番前にいます。


前の右から2人にいます。

プジョルさんの後ろにいるようで、

間には、エマプーリーさんがいらっしゃいます。

すごいところ!しらなかった。。

ヒルクライムレースですが

男子と混走なので、前半から、

アタックが続くロードレースで始まります。


エマプーリーさんも、

前半から、サンウェブの男子選手を使って

2人でアタックしてました。

アリアリのことなので問題ないですが、

4時間上り続けるのに、

最初からあの強い長いアタック!

にはびっくり。。

このまま追いつかないのでは!?と、

一瞬頭によぎるほど。




私は、

最初から身体が軽すぎてやばいと

感じていたので、

走りながら心拍と筋肉に刺激が入れば!


と思いながら、

ついて行きましたが

そんな余裕なペースではなく


速攻で心拍が上がって

(どんだけ身体動かなかったのー。。)

1時間もせずに女子のトップ3を含む、

男子の先頭集団から千切れました。


完走できるように

マイペースに変更しつつも

結局、身体は最後まで動き出さずに

3人に抜かれ7位でゴール。



ラスト4kで抜かれて表彰台を逃しましたが
今の自分には妥当な順位です!

今回はレース前から、

結果はわからないものなので、


『今シーズンを気持ちよく終えれて

来年に繋げるように』


ということは決めていて

ある意味、

少し違う気持ちよさになりましたが

しっかりと、

いい悔しさとモチベーションをもらい

後半は景色を見つつ、楽しみました。

万全の状態で挑んでいたとしても
トップの3人と勝負に絡むことは
できなかったと感じています。

トップ3と、圧倒的差。


乗鞍ヒルクライムを
1時間ちょうどで走れたら
トップ3の可能性は出てくるかもしれません。
(すごく単純に考えて)


「乗鞍ヒルクライムで1時間ちょうど」


これを当たり前に感じていたいと思います。



今年、
ヒルクライムに2つも出場できて
ヒルクライムのオモシロさが
少しわかった気がしますが
やはり私はクライマーではないなーと
つくづく感じたシーズン後半でした。


毎食、皆さんと円卓で囲んで食べた食事😁

GOKISO サポートとSUNVOLT サポートに
心から感謝します✨🙏


全てを来年へ繋げます。
https://makisetsubasa.amebaownd.com/posts/5096093

たきもとサイクル

たきもとサイクルは長崎県の 佐世保市で、ロードバイク、MTB、トライアスロンバイクを専門とするお店です。 クロスバイクや小径車もございます。